2011年10月28日

マンションの歴史@

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
賃貸オーナーを元気にする賃貸管理会社のブログ!!
〜ワンルームマンションは持ち方を変えれば悪くないですよ〜
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
〜ごあいさつ〜

こんにちは!

ウェルス・コンサルティング株式会社のウエちゃんです。

いつも応援ありがとうございます!

ウチの会社の合言葉は「あなたの資産の事、真剣に考えます。」

今日は日本のマンションの歴史について書いてみたいと思います。

数回に分けてマンションの変遷を追っていきたいと思いますので、お付き合い下さい。

マンションの歴史については意外に根拠となる記述や文献が少なく、不正確な点もあるかもしれませんがその点はご了承ください。間違っていたり、加筆したほうが良い情報などございましたらぜひご一報お願いいたします。

さて、マンションの歴史と言いながら、第1回目は「長屋」についてです。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
    ここからがブログの本編です。
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
現在の集合住宅を遡っていくと江戸時代の長屋が原型ではないかとされています。

長屋とは複数の住戸が水平方向に連なっており、壁を共有しているもの。また1棟の建物を水平方向に区分し、それぞれ住戸としたもの、とされています。それぞれの住戸に玄関がついており、各戸の玄関が直接接道など外界に接していること、玄関を他の住戸と共有していないことが求められています。

文章にすると分かりずらいですが、長屋というと狭い下町の路地に建てられた木造住宅をイメージできるのではないでしょうか。また、時代劇や落語でも馴染みはあると思います。
玄関を入るとかまどと流し、部屋は畳で4畳半〜6畳程度という形でしょう。一般的に長屋というとそういった庶民が住む「裏長屋」と言われるものを指します。
同時に表通りに面した「表長屋」という広めの店舗兼住まいの裕福層が利用するものもありました。
ほとんどが平屋建てで、トイレは共同、風呂は銭湯という形式になります。

水は共同の井戸があったのですが、地下水を汲み上げるものではなく神田上水から供給されていた水道水の取出口で水が桶に貯まるまで時間がかかりました。それを待つ間に近所の者で世間話をしたことから「井戸端会議」という言葉の語源にもなっています。

また江戸時代に大家と言った場合、所有者でない場合が多く、住民の家賃を集めたり、管理を任されている者を指していたとされます。現在の不動産管理会社に近いものでしょう。
住民の保証人や相談相手、世話焼きなど緊密な関係であり、
「大家といえば親も同然、店子といえば子も同然」
ということわざは、大家が店子の保証、責任を負ったところに由来すると言われています。

大家を含めて長屋住人の絆は固くひとつのコミュニティが形成されていたと考えられます。

落語では長屋を舞台にした話が多く見られ、江戸落語の華と言っても過言ではありません。
長屋生活は江戸の庶民の情緒ある良き生活があったのでしょう。

次回は江戸の長屋から、明治の長屋、アパートに進みます。

<続く>

****************************************************************

ウェルス・コンサルティング株式会社

TEL: 03-5774-0201 FAX:03-5774-0202

上記の番号までお問い合わせください。

WEBはこちらから

****************************************************************
posted by ウエちゃん at 12:52| 東京 ☀| マンションの歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月22日

賃貸借契約の注意点

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
賃貸オーナーを元気にする賃貸管理会社のブログ!!
〜ワンルームマンションは持ち方を変えれば悪くないですよ〜
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
〜ごあいさつ〜

こんにちは!

ウェルス・コンサルティング株式会社のウエちゃんです。

いつも応援ありがとうございます!

ウチの会社の合言葉は「あなたの資産の事、真剣に考えます。」

残念ながら雨の週末ですね。
みなさまはいかがお過ごしでしょうが。
傘を持って出かけましたが、電車に置き忘れしまったうっかり者の
ウエちゃんです。

傘の忘れ物は非常に多いらしく、衣類・カード・各種証明書・電化製品などを大きく突き放して
ダントツ一位だそうです。
皆さんも気を付けてくださいね。


今日は「賃貸借契約書の注意事項」について書いてみました。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
    ここからがブログの本編です。
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
ビジネスや私生活において何かと必要な契約書。
私生活で代表的な契約書として賃貸借契約書があげられます。
この契約を締結した経験のある方も多いと思いますが、内容はあまり読んでないケースが多く聞かれます。
特に問題がおきなければ良いのでしょうが、ポイントだけは確認しておきましょう。

■使用目的
一般的なアパート・マンションの使用目的は「居住用」となります。
従って営業目的の事務所使用やクラブ・サークルなのどたまり場としては使えません。

■入居者数
単身者・学生用などの物件は、入居者数は「1名に限る」です。
違約金の請求なども考えられるので注意してください。

■契約の更新
契約期間の満了したときに更新することが、ある程度想定されている方も多いと思います。
通常は、契約更新料を支払うことで、更新ができます。
契約更新料は、各契約により金額が違いますので最初の契約時にどの程度費用が発生するのか確認しておくべきでしょう。

■敷金
敷金は、契約から生じるさまざまな債務(金銭等の支払い義務)を保証するために家主に預けておくべきお金です。
契約更新時に、家賃の増減に応じて敷金が増減する場合があります。

■家主からの契約解除
家主からの契約解除は、解約の6ヶ月前に予告するとの条項が多くみられます。
実際には家主と借主の信頼関係が無くなったと客観的に判断できるような状態なって、初めて契約が解除できるとされています。

■禁止事項
多くみられる禁止事項について記載します。
●転貸の禁止
転貸する必要がある場合まず管理会社に相談してからにしましょう。

●石油ストーブ等の持ち込み禁止
火災の心配から禁止している事項です。(類似品:ガスファンヒーター等は禁止範囲入るかは不明な場合が多いですがつかない方が無難でしょう)

●ペット飼育禁止。
室内だけで飼うことができ、騒音・においを出さない熱帯魚や小動物などは例外的に認められる場合がありますが、管理会社に確認することが必要です。
なお、ペット飼育認められても、退去時の原状回復費用が多額になることは覚悟が必要です。

契約書を確認のうえで締結するのは大変な作業ですが、ポイントになる部分は押さえておかないと後々トラブルを招きかねませんので気を付けましょう。

****************************************************************

ウェルス・コンサルティング株式会社

TEL: 03-5774-0201 FAX:03-5774-0202

上記の番号までお問い合わせください。

WEBはこちらから

****************************************************************

posted by ウエちゃん at 14:09| 東京 ☁| ■法務・法律・遺言(相続) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月15日

「マンション」の定義とは

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
賃貸オーナーを元気にする賃貸管理会社のブログ!!
〜ワンルームマンションは持ち方を変えれば悪くないですよ〜
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
〜ごあいさつ〜

こんにちは!

ウェルス・コンサルティング株式会社のウエちゃんです。

いつも応援ありがとうございます!

ウチの会社の合言葉は「あなたの資産の事、真剣に考えます。」

今日は前線と低気圧の影響で、東日本や北日本を中心に風が強く、局地的に激しい雨が降るおそれがあるそうです。
外出の際は傘をお忘れなく、ご注意下さいね。

今日は「マンション」について書いてみました。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
    ここからがブログの本編です。
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
マンション(Mansion)とは日本語でアパートより大型の共同住宅を指す和製英語です。。
語源は英語なのですが、英語では分譲物件は「コンドミニアム」賃貸部件は「アパートメント」という呼び方をします。
昭和30年代初めにデベロッパーが高級路線の集合住宅を、高級感を出すために「マンション」という言葉を使い始めたのが最初です。
ちなみに英語でマンションというと大邸宅を指し、アメリカ人にマンションに住んでいるといと大金持ちだと思われるそうです。

それではマンションに定義はあるのでしょうか?
結論から言うとこのような建物はマンションであるという定義はないようです。

よくマンションとアパートの違いは?というご質問をいただくこともありますが、明確は基準はありません。
一般的には木造や軽量鉄骨で規模の小さいものを「アパート」鉄筋コンクリート造などで、規模の大きいものを「マンション」と呼んでいます。
概ね一般的にイメージされるもので間違いはありません。
木造2階建ての集合住宅を「マンション」と呼ぶ方は少ないでしょうし、海辺の超高層住宅を「アパート」と呼ぶ方もいないでしょう。(とはいえ間違えでもないのかもしれません)

ここで微妙なものは2〜3階建ての鉄骨作りの建物かもしれません。
タイル張り調で、見た目もそこそこ、でもどこかこじんまりしている・・・。
こんな建物には「コーポ○○」や「○○ハイツ」などとついていたりします。
言ってみれば大家さんや不動産屋さんの付けたもの勝ちとというところでしょうか。

ちなみに2000年施行の「マンションの管理の適正化の推進に関する法律」においては法律用語として定められております。同法では、複数ので店舗や事務所と居住となる専有部分が1戸以上ある建物で区分所有者が最低2名以上いること。これには設備や土地も含まれる。同法のマンションが区分所有法の対象となることなどが挙げられています。ただしこの法律は分譲マンションにおける管理の適正化のための法律であるため、オーナー1人で所有しているマンションは、この法律ではマンションとされません。

マンションであるか、アパートであるかと言ったことではなく、その構造や設備などを見て、住まいを決めたり、用途を考えたりすることが重要でしょう。

****************************************************************

ウェルス・コンサルティング株式会社

TEL: 03-5774-0201 FAX:03-5774-0202

上記の番号までお問い合わせください。

WEBはこちらから

****************************************************************

posted by ウエちゃん at 15:14| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。