2011年09月30日

●入居率を向上するための物件差別化・付加価値

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
賃貸オーナーを元気にする賃貸管理会社のブログ!!
〜ワンルームマンションは持ち方を変えれば悪くないですよ〜
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
〜ごあいさつ〜

こんにちは!

ウェルス・コンサルティング株式会社のウエちゃんです。

いつも応援ありがとうございます!

ウチの会社の合言葉は「あなたの資産の事、真剣に考えます。」

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
    ここからがブログの本編です。
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━


空室や賃料ダウンが続くお部屋をお持ちでしょうか。
入居率・家賃アップを目指す一つの手段として内装変更(リノベーション)があります。
しかし、収支計算にリノベーション費用は想定してない…
ほとんどの方がそうだと思います。

安価にトライしてみる方法は?

まず壁紙です。
白の量産クロスを使用したお部屋が多いと思いますが、
例えば、1面のみをサンゲツのアクセントクロス(グレーデザイン)に張替えてみると、
白のみと比べ高級感とお洒落さが加わります。
アクセントクロスは量産クロスと比べ単価は高いですが、
ワンルームで、1面のみをアクセントクロスにした差額は1万円以内でしたから、
賃貸リフォームとしては安価で入居者の印象に残こせる方法と言え、お勧めです。
次に床材です。
サンゲツのフロアタイルというものがあります。
クッションフロアにとてもよく似ていますが、クッションフロアより
硬い素材です。
クッションフロアのメリットは、安価で張替えやすい点が挙げられますが、
テーブルや椅子や机を置くとすぐにへこんでしまい、レイアウト変更時や退去時に
跡が目立ってしまいみすぼらしい印象を残します。
その点フロアタイルはクッションフロアと比べると高くなりますが、
へこみにくく、種類も豊富です。
原状回復時に行えば、多少材質のグレードを上げるだけで、
見栄えの良い物件に変更させる事ができます。
やり方によっては賃料アップも見込め、内装変更費用をペイできる可能性もあります。





****************************************************************

ウェルス・コンサルティング株式会社

TEL: 03-5774-0201 FAX:03-5774-0202

上記の番号までお問い合わせください。

WEBはこちらから

****************************************************************
posted by ウエちゃん at 17:04| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月21日

マンションの台風対策

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
賃貸オーナーを元気にする賃貸管理会社のブログ!!
〜ワンルームマンションは持ち方を変えれば悪くないですよ〜
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
〜ごあいさつ〜

こんにちは!

ウェルス・コンサルティング株式会社のウエちゃんです。

いつも応援ありがとうございます!

ウチの会社の合言葉は「あなたの資産の事、真剣に考えます。」

今日は台風15号の影響で暴風、大雨になっております。
特に外出される方は十分お気を付け下さい。

ということで今日はマンションの台風対策についてです。
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
    ここからがブログの本編です。
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
一般に鉄筋コンクリートのマンションは木造の戸建に比べると災害に強い建物といえますが特に防水と浸水には注意する必要があります。
マンション周辺はいわゆるビル風と呼ばれる強風や突風が発生しやすく特に台風時などは歩けない程の風が吹くことも考えられます。また思わぬ飛来物が飛んでくる可能性もあるので外出は避けたほうが無難でしょう。
また大雨の影響で河川が氾濫したり下水が溢れたりすると1階や半地下に位置するような住居では浸水の被害にあう可能性があります。
エントランスやエレベーター、地下の駐車場といった共用部分にも被害がでることもあります。
共有部分の修理費用は全戸で分担されることになるのが原則ですので、日頃から組合等で対策を練っておくことも大切です。

台風には事前に行うことと去ったあとに行うことがあります。
事前に行うこととしては、
・ベランダの排水溝がゴミなどで詰まっていないかの確認
・ベランダの置物などの取り込み
・窓ガラスの補強、家電製品を安全な位置に避難させる
・防災用品、水食糧の確認
・避難場所、経路の確認
・緊急時はエレベーターの使用を控える
などが挙げられます。

台風がやってきてからは状況を確認し、外出は控えるようにしましょう。

台風が去った後は室内、ベランダ、建物周辺などの被害を確認します。
電線の段戦や木が倒れてしまったりすることもありますので、そのような場合は
管理会社に連絡するといいでしょう。

緊急時にはマンション全体での協力が不可欠です。
いわゆるハザードマップと呼ばれる自然災害の予想を地図で示したものが各自治体で出されておりホームページなどから確認すことも可能です。
日頃からハザードマップを確認したり、組合で対策を考えておくなど準備を心がけておくことが大切でしょう。

****************************************************************

ウェルス・コンサルティング株式会社

TEL: 03-5774-0201 FAX:03-5774-0202

上記の番号までお問い合わせください。

WEBはこちらから

****************************************************************
posted by ウエちゃん at 16:52| 東京 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月17日

セカンドライフの計画は?

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
賃貸オーナーを元気にする賃貸管理会社のブログ!!
〜ワンルームマンションは持ち方を変えれば悪くないですよ〜
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
〜ごあいさつ〜

こんにちは!

ウェルス・コンサルティング株式会社のウエちゃんです。

いつも応援ありがとうございます!

ウチの会社の合言葉は「あなたの資産の事、真剣に考えます。」

結婚して子供を産み・育て、何とか子供たちも独立して一安心。
しかし、仕事をリタイアして悠々自適な老後の生活が保証されている訳では
ありません。
むしろ、多くの方は老後の生活に少なからずとも不安を抱えています。

今日は、『セカンドライフの計画は?』について書いてみました。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
    ここからがブログの本編です。
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

団塊の世代の方々は、「年金と退職金でセカンドライフを過ごせる最後の世代」と言われます。
賛否両論あると思いますが、少なくともこれから定年を迎えていくサラリーマンの方々の方が
将来に対する不安は大きいのではないかと思います。

現在男性50歳・女性45歳以上の方から、年金が支給されるのは65歳以上になってから。

年々寿命が長くなり、退職する年齢も延長されるような話もありますが、今現在で言えば、確実に60歳〜65歳までの5年間を預貯金の蓄え等、年金以外の収入でまかなわなければならないことは事実です。
団塊世代の方々でも、退職後の一番の心配事には「生活費」をあげています。
これから定年を迎えようとする人はなおさら、「老後資金をどのように確保するのか?」を計画しておく必要があります。

「自己責任」という言葉が使われるようになって何年かが経過しましたが、
公的年金の信用性も薄い今、将来設計もまさに自己責任という考え方に基づいて行う時代になっています。

老後資金の確保の方策の一つとして、賃貸経営があります。
弊社はそのようなファイナンシャルプランニングを含んだ賃貸管理をご提供しております。
お気軽にご相談ください。

****************************************************************

ウェルス・コンサルティング株式会社

TEL: 03-5774-0201 FAX:03-5774-0202

上記の番号までお問い合わせください。

WEBはこちらから

****************************************************************
posted by ウエちゃん at 15:23| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。